多くの人が浄水器を使用するように
なった昨今では、多種多様な浄水器が
販売されるようになりました。

ここでは浄水器の種類について
解説すると同時に、浄水器のパーツの
中でも特に重要な「ろ材(フィルター)」や、
浄水器と同様の目的で使用される
ウォーターサーバー
についてもご紹介します。

浄水器付きの蛇口

浄水器の種類

水の品質向上のために使用される
機器としては浄水器と整水器が
挙げられます。

ここでは、その違を明確にすると
同時に、浄水器の種類についても
解説します。

浄水器と整水器の違いとは?

疑問

浄水器と同様に整水器もまた、
近年特に知名度が高くなっています。
しかしながら、これら2つの違いを
ご存じでない方は多いように思われます。

浄水器と整水器の大きな違いのひとつが
生成できる水の種類が異なるという点です。
一般的に浄水器は水道水中に含まれる
不純物の除去、そして浄水を生成することを
目的
とし、それ以外の種類の水の生成は
できません。

これに対し整水器は不純物の除去だけでなく
水の電気分解も行えるようになっているため、
浄水だけでなく、電解水素水や酸性水の生成も
可能となっています。

また整水器は薬事法において家庭用管理医療機器に
認定されているという点でも浄水器とは異なります。
そのため整水器は医療機器としても使用され、
生成される水には胃もたれや胃痛などの改善効果が
認められています。

このように浄水器と整水器の間には、生成できる水の
種類が整水器のほうが多いという点と整水器は
医療機器としても使用されるという点が
大きな違いとして存在します。

ポット型(ピッチャー型)浄水器の特徴、メリット・デメリット

ポット型浄水器のボトル

ポット型浄水器とはその名のとおり、容器がポットの
形をしており、その上部に浄水器と一体化した蓋が
取り付けられています。

この上部に水道水を入れると、蓋と一体化した浄水器では
水道水のろ過が始まり、十分な時間をかけて浄水が
生成されます。

このようなポット型の浄水器は近年非常に
多くなっており、中には冷蔵庫に入れられる
スリムタイプのものや水筒のような形状の
持ち運び可能なタイプなども販売されています。

ポット型浄水器のメリットとしては、
蛇口直結型のように水道水がすぐに内部を
通過せず、十分な時間をかけてろ過が
行われるため、その精度が高いという点が
挙げられます。

また、ポット型のため食卓に置きやすい
という点や、水筒のような形状をしたものは
持ち運びがしやすいという点も大きな
メリットといえます。

一方でポット型浄水器は上述のとおりろ過に
時間がかかることから、すぐに浄水が必要という
場合の使用には適しません。
また、ろ過に使用するろ材は若干割高であることも
多く、交換にかかる費用が多くかかるという点も
デメリットとして挙げられます。

蛇口直結型(蛇口取り付け型)浄水器の特徴、メリット・デメリット

蛇口直結型浄水器

特に知名度が高く、普及率も高い蛇口直結型浄水器は、
その名のとおり蛇口に取り付けて使用するタイプの
浄水器です。

このタイプの浄水器はスーパーなどでも
安価で簡単に購入できるにもかかわらず、
その機能面では消費者庁に
よって特定の各物質の最低除去率が
指定されているため、一定の効果が保証されている
という点は大きなメリットとなります。

また、ろ材を含むカートリッジ部分は交換が
可能なため、長期的にみた場合のコストパフォーマンスも
優れている点やキッチンにおいて場所を取らない点も
大きなメリットとなります。

一方で蛇口直結型浄水器のカートリッジは1~3カ月に
1回程度の頻度で交換しなければならないため、
手間かかるという点はデメリットとして挙げられます。
また、一定の浄水機能は保障される反面、
他のタイプの浄水器に比べるとろ過機能は劣るという
点のデメリットといえます。

ビルトイン型(アンダーシンクタイプ)浄水器の特徴、メリット・デメリット

アンダーシンクタイプと呼ばれることもある
ビルトイン型浄水器
は、シンク下のスペースに
浄水を行うための機器本体を設置します。
この機器は他の浄水器に比べて性能が高く、
充実したろ過機能が期待できます。

ビルトイン型浄水器は機器が高性能で
あるだけでなく、内部に搭載されたろ材の質が
よく、量も多いことから、総合的にみてろ過の
性能が高いというメリットがあります。

また、ろ材は量が多いことから、
蛇口直結型浄水器のようにすぐ劣化し交換が
必要となることはなく、年1回程度の交換で
十分であるという点もまた
大きなメリットとなります。

一方でビルトイン型浄水器は設置工事が
大掛かりとなることが多く、その料金も
5万~20万円程度にまで及ぶという点は
大きなデメリットといわざるを得ません。

また、ビルトイン型浄水器を設置する
シンク下のスペースは、本来、収納になっている
ことが多いため、ビルトイン型浄水器を設置する
ことで収納スペースが減ってしまうという
デメリットも存在します。

据え置き型浄水器の特徴、メリット・デメリット

据え置き型浄水器は一般的な
蛇口直結型浄水器より知名度は低い
ものの、浄水機能の精度はは高く、
より安全性の高い水を飲みたいという
方が導入するケースも少なくありません。

据え置き型浄水器とは、大まかな仕組みは
ビルトイン型と同様となっており、
浄水を行う本体と蛇口をホースで
つないで使用する形となっています。

据え置き型浄水器のメリットとしては
機器の性能が優れていることから、
ろ過の精度も高いという点が
挙げられます。

また、ろ材の劣化スピードが遅く、
交換頻度が少ないという点はビルトイン型と
同様に大きなメリットとなります。
また、ビルトイン型とは異なるメリットとしては、
設置工事が比較的簡単なため、時間がかからない
という点が挙げられます。

一方で、据え置き型浄水器は機器の
購入費も含めると初期費用が数万円~数十万円
にまで及ぶという点は大きなデメリットと
いわざるを得ません。

また、据え置き型浄水器はビルトイン型
とは違い、水道の横のスペースに設置するため、
キッチンが狭い場合や既に水道周辺のスペースが
埋まっている場合は設置が難しいという点もまた
大きなデメリットとなります。

浄水器のろ材(フィルター)

浄水器に内蔵されるろ材は種類が豊富であるだけでなく、
水道水をろ過する上で重要な役割も担っており、
また、定期的な交換も必要となります。
続いてはろ材に関するこれらの事柄について
解説します。

ろ材の役割

浄水器の種類は上述のとおり非常に多く存在
しますが、そのすべての内部にはろ材が搭載
されています。ろ材とは浄水器内部の水道水が
通過する箇所に取りつけられているパーツの
ひとつであり、ろ過を行うにあたって欠かす
ことができないパーツでもあります。

また、蛇口直結型序数域などの場合は、
このろ材がカートリッジ式となっており、
交換が可能な設計になっています。
このろ材には水道水中に含まれる不純物を除去し、
水道水の品質を向上させるという重要な役割を担っています。

また、除去した不純物はこのろ材に
引っかかった状態で浄水器の内部に残るため、
一定期間使用するとそのろ過効果は
徐々に低下していきます。

そのため、このろ材は消耗品という認識をし、
長期間にわたって同じ浄水器を使用するためには
その定期的な交換も必要不可欠となります。

ろ材交換の必要性

上述のとおり浄水器に搭載されているろ材は、
カートリッジ式になっていることも多く、
簡単に交換ができるようになっています。

ろ材を交換を引き受ける業者

また、ビルトイン型や据え置き型などの
場合は利用者自身でろ材を交換することが
できない設計
になっていることもあるため、
その場合は業者に交換を依頼する必要が
あります。

ろ材の交換が必要な理由としては、
水道水がろ材を通過することで除去した
不純物が徐々に溜まっていき、ろ過能力が
低下していくことが挙げられます。

そのため、安定したろ過性能がある状態で
長期間にわたって同じ浄水器を使用する上で
ろ材の交換は必要となります。

また、不純物が蓄積したろ材では、
黒カビが発生しやすい「水分・養分・常温」の
3要素が常にそろった状態となるため、黒カビが
発生することなどによる衛生状態の
悪化の恐れが生じます。

そのため、浄水器内部の衛生状態を維持し、
安全に水道水を飲むという目的においても
ろ材の交換は必要不可欠です。

このように、ろ材は消耗品であることから、
特にその劣化が早い蛇口直結型浄水器などでは
1~3カ月に1回の頻度で必ずろ材の交換を行うようにし、
比較的ろ材の劣化が遅いビルトイン型や据え置き型の
場合も定期的にろ材の状態を確認するようにしましょう。

ろ材の種類

浄水器に使用されるろ材にはさまざまな
種類が存在します。
ここではそのうちの5種類を挙げ、
各々の特徴について解説したいと思います。

1.活性炭

活性炭は樹木やヤシ殻、石炭などを
高温処理して製造したもので、それを使用した
ろ材は炭素を主成分とします。

活性炭は浄水器において特に使用されることが
多いろ材のひとつでもあり、不純物の除去だけ
でなく、カルキ臭をはじめとしたにおいの
除去効果もあるとされています。

2.ろ過膜

膜状になっているろ過膜は、
その表面に無数の穴があり、それに
よって不純物の除去を行います。
ろ過膜に該当する者はいくつか存在し、
そのうち中空糸膜と不織布は特にろ材として
浄水器に使用されることが多いという特徴が
あります。

3.イオン交換樹脂

イオン交換樹脂は水中の金属イオンを吸着し、
無害なイオンに交換する働きがあります。

そのため、不純物の除去という観点において
その機能は限定的であり、また、若干高価でもある
ことから使用されることは少ないろ材でもあります。

4.セラミック

セラミック性のろ材は小さなアルミナ結晶を
固めて製造されたものであり、その表面には小さな
無数の穴が均一に分布していることから、それによる
カビや細菌の除去効果が期待できます。

また、この素材は熱にも強く、温水が出る水道に
直結させる浄水器にも使用されることが多いという
特徴もあります。

5.逆浸透膜(RO膜)

RO膜とも呼ばれる逆浸透膜は特に高い
ろ過機能を有し、近年特に多くの浄水器で
使用されるようになったろ材でもあります。

逆浸透膜はろ過膜よりもさらに細かい穴
を持つ半透膜であり、残留塩素、有機物、
細菌、ウイルスなど、幅広い不純物の除去が
可能となっています。
また、逆浸透膜でろ過された水は「RO水」
という名称でペットボトル入りのものが
販売されていることから、そのことからも
ろ過性能の高さがうかがい知れます。

水道直結型ウォーターサーバーについて

紅茶

このように浄水器にはさまざまな種類が
あるだけでなく、使用するろ材の種類に
よってもその効果は大きく異なります。

一方、で安全性の高い水を飲みたいと
考える方の中には常識だけでなく、
ウォーターサーバーの導入を検討される方も
少なくありません。

ボトル型ウォーターサーバーと浄水器

ボトル型ウォーターサーバーは、
ウォーターサーバーの中でも特に知名度が
高く、ウォーターサーバーといえば
ボトル型ウォーターサーバーをイメージ
される方も少なくありません。

ボトル型ウォーターサーバーは、使用する水が
天然水やミネラルウォーターであるため、そもそも不純物が
ほぼ混在していないという点で浄水器よりも
大きなメリットがあります。

また、ボトル型ウォーターサーバーに限らず
ウォーターサーバーは、利用者によるメンテナンスの
必要が非常に少ないため、この点においても衛生状態が
悪くなりやすい浄水器より優れているといえます。

一方で、ボトル型ウォーターサーバーで
使用する水は500mlあたり50円程度しかかからない
こともあるため、一般的な天然水やミネラルウォーター
よりも安価ではありますが、浄水器の場合、
水に対しては水道代しかかからないため、
この点においては浄水器のほうが
優れているといえます。

このようにボトル型ウォーターサーバーと浄水器は
甲乙がつけがたいといわざるを得ず、そのことから、
どちらを使用するか決められない方が多いことも
考えられます。

水道直結型ウォーターサーバーという選択肢もあり

一方で、浄水器とボトル型ウォーターサーバーの
どちらにするかで悩んでいる方には
水道直結型ウォーターサーバーという
選択肢もあります。

水道直結型ウォーターサーバー

水道直結型ウォーターサーバーとは、
その名のとおり家庭内の水道に直結させて
使用するウォーターサーバーで
あるため、水に対しては水道代しか
かからないにもかかわらず、
高いろ過機能があり、また、メンテナンスの
手間もほとんどかからないため、
浄水器とボトル型ウォーターサーバーの
メリットを兼ね備えているといえます。

水道直結型ウォーターサーバーの中でも
特に「Cool Qoo」は、水道直結型ウォーターサーバー
ならではのメリットが搭載されている
だけでなく、内部の自動クリーン機能や
業者のスタッフによる
有人メンテナンスサービスも伴うため、浄水器と
ボトル型ウォーターサーバーのどちらにするかで
悩んでいる方にもおすすめです。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用月額費用電気代メンテナンス代
4,200円(税別)~4,200円(税別)~月800円ほど年1回(無料)
解約金
ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用月額費用電気代メンテナンス代
無料4,200円(税別)月1,000円ほど無料
解約金
3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用月額費用電気代メンテナンス代
無料4,250円(税別)月1,000円ほど無料
解約金
3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。