ろ材(フィルター)の種類とその特徴とは?

浄水器のパーツのひとつである
ろ材(フィルター)にはさまざまな
種類が存在し、各々で効果に関する
特徴なども異なります。

ここでは5種類のろ材を挙げ、
その詳細について解説します。

INDEX

活性炭

樹木やヤシ殻、石炭などを
高温処理した活性炭は炭素を
主成分とするろ材です。

活性炭は特に使用されることが
多いろ材のひとつでもあり、
不純物の除去だけでなく、
においの除去効果もあると
されています。

ろ過膜

その名のとおり膜状になっている
ろ過膜は、膜の表面にある無数の穴で
不純物の通過を妨げ、水道水のろ過を
行います。

ろ過膜に該当するものは
いくつか存在し、そのうち中空糸膜と
不織布は特にろ材として浄水器に
使用されることが多くなっています。

イオン交換樹脂

イオン交換樹脂は水中の金属イオンを
吸着し無害なイオンに交換するろ材です。

一般的なろ材と比較しその機能が
限定的であるだけでなく、高価でも
あることからあまり使用されていない
ろ材でもあります。

セラミック

セラミックを使用したろ材
小さなアルミナ結晶の粒を固めて製造された
ものであり、小さな無数の穴が均一に
分布していることから、水道水中に含まれる
カビや細菌などの不純物を効率よく
ろ過できるという特徴があります。

また、この素材は熱にも強いことから温水が
出る水道に対応できる浄水器のろ材として
使用されることもあります。

逆浸透膜(RO膜)

RO膜という名称でも知られる逆浸透膜
高度なろ過機能を有し、近年特に浄水器に
使用されることが多くなったろ材でもあります。

逆浸透膜はろ過膜よりもさらに細かい穴を
持つ半透膜のことであり、残留塩素や有機物
だけでなく細菌やウイルスの除去も
可能となっています。

また、逆浸透膜でろ過された水は
「RO水」という名称でペットボトル入りの
ものが販売されていることから、そのことからも
ろ過性能の高さがうかがい知れます。