ビルトイン型(アンダーシンクタイプ)浄水器とは?

アンダーシンク型と呼ばれることも多い
ビルトイン型浄水器は、決して一般的に広く
知られているタイプの浄水器ではありませんが、
特に高い浄水機能を求める方は一般家庭でも
このタイプを導入していることがあります。

ここでは、このビルトイン型浄水器の
特徴やメリット・デメリットについて
解説していきます。

INDEX

ビルトイン型浄水器とは?

ビルトイン型浄水器とはシンクの下の
スペースに浄水を行うための機器を設置する
タイプの浄水器です。

ビルトイン型浄水器

一般的な浄水器は蛇口に直結させるため
利用者自身の手で設置することが可能ですが、
ビルトイン型浄水器の設備はしばしば
大掛かりなものとなることから、設置に際しては
業者による工事が必要となることが殆どです。

また、ビルトイン型浄水器は、設置に際して
工事
が必要となることから、初期費用も若干高く、
5万円~20万円程度
が相場となっています。

ビルトイン型浄水器のメリット

ビルトイン型浄水器は、蛇口直結型浄水器
などとは違い、シンクの下に十分なスペースを
確保しなければ設置が難しい大掛かりな
浄水機器を使用するため、浄水精度が高い
という点で注目されています。

また、浄水に使用するフィルターの
面積が多いことから、その交換は年1回程度の
頻度で済むため、メンテナンスの必要が
殆どない
という点もまた
大きなメリットといえます。

一方で、このタイプの浄水器はシンクの
下にすべての機器を設置するため、シンク周りが
すっきりするというメリットもあり、
キッチンが狭い場合などにもおすすめです。

ビルトイン型浄水器のデメリット

一方でビルトイン型浄水器は上述のとおり
初期費用が高額になりがちであるため、
気軽には導入できないというデメリットが
あります。

また、シンクの下は本来収納スペースに
なっていることも多く、ビルトイン型浄水器を
導入すると収納スペースが少なくなってしまう
という点もまたデメリットとして挙げられます。