ポット型(ピッチャー型)浄水器の特徴とは?

一昔前は浄水器というと蛇口につける
タイプのものしか知られていませんでしたが、
現在では用途によって使い分けられるさまざまな
タイプのものが登場しています。

ここでは、その中でもポット型(ピッチャー型)の
浄水器について解説します。

INDEX

ポット型浄水器とは

食卓の置かれたティーセット

ポット型浄水器とは、その名のとおりポットの
形をした浄水器です。

このタイプの浄水器は、一般的なポットに蓋と
一体化した浄水器が上部についた構造
になっており、
水道水を入れると浄水器を通過し、ろ過された水が
徐々にポットの下に溜まっていく仕組みとなっています。

このような構造をした浄水器は近年非常に
多くなっており、最近では冷蔵庫に入れられる
スリムタイプのものや、持ち運びができる水筒に近い
形状をしたタイプのものまで販売されています。

ポット型浄水器のメリット

ポット型の浄水器は水道の蛇口に接続するタイプの
浄水器のように水道水がすぐに内部を通過することは
なく、少し長めの時間をかけてじっくりとろ過が行われます。
そのため、ろ過の精度が高く、より安全性の高い水を
生成できると言う点が大きなメリットとなります。

また、ポット型であることから食卓にも置きやすく、
食事中に水を飲むためにわざわざ席を立たなくてよい
という
点もまた大きなメリットといえます。
一方で、ポット型と同じ構造をしている水筒のような形状を
したタイプのものであれば、持ち運びができるという点も
また大きなメリットとして挙げることができます。

ポット型浄水器のデメリット

一方でポット型浄水器は水をろ過するのに
一定の時間がかかることから、すぐに安全性の高い
きれいな水が必要という場合の使用には適しません。

また、浄水器のフィルターは定期的な交換が
必要ですが、ポット型の浄水器のフィルターは
蛇口につけるタイプの浄水器のフィルターよりも
高額であることも多く、継続して使用するためには
多くの出費が伴うという点もまたデメリットと
いわざるを得ないでしょう。