据え置き型浄水器の特徴やメリット・デメリットとは?

据え置き型浄水器は、一般的な
蛇口直結型浄水器に比べると知名度は
低いものの、浄水機能の精度は高く、
より安全性の高い水を飲みたいという方が
導入するというケースも少なくありません。

ここでは、この据え置き型浄水器の詳細や
メリット・デメリットについて解説したい
と思います。

INDEX

据え置き型浄水器とは?

据え置き型浄水器は、浄水器本体を水道の横に
置き、ホースを蛇口へ接続することで浄化した
水道水が供給される
仕組みになっています。

シンク

基本的な仕組みは、ビルトイン型浄水器と
同様ですが、ビルトイン型はシンクしたに
浄水器を設置するため設置工事が大掛かりに
なりやすいのに対し、据え置き型の設置作業は
すぐに終了する簡単なもの
であるという
違いがあります。

据え置き型浄水器のメリット

据え置き型浄水器はビルトイン型などと
同様に浄水能力の精度が高いことが
大きなメリット
として挙げられます。

特に内蔵されたろ材の面積は非常に大きく、
蛇口直結型などとの浄水能力の差は
歴然としています。

また、上述したとおり据え置き型浄水器は
初期設置に伴う工事が比較的簡単なため、
気軽に購入、設置ができる
という点もまた
大きなメリットとなります。

据え置き型浄水器のデメリット

一方で据え置き型浄水器は性能が
優れている反面、初期費用が数万円~数十万円に
まで及ぶことがあるという点が
大きなデメリットとなります。

そのため、導入に際してはいくつかの
商品・業者を比較するのがおすすめです。

また、据え置き型浄水器は水道の横に
設置するため、スペースを確保しなければ
ならないという点や、本体やホースの衛生状態が
悪くなりやすいため、頻繁にメンテナンスを
行わなければならなないという点も
大きなデメリットといえます。

そのため、特にキッチンが狭い家庭や
キッチン周りが既にものであふれている
家庭などは設置には向いていないと
いわざるを得ません。