水道直結型ウォーターサーバーなら「Cool Qoo」がおすすめ!

ボトル型ウォーターサーバーと浄水器、
どちらを使用するか決めかねているという
方も多いかもしれません。

ここでは、そのような方におすすめしたい
水道直結型ウォーターサーバーに
ついて解説します。

INDEX

ボトル型ウォーターサーバーと浄水器は甲乙がつけづらい

ボトル型ウォーターサーバーと浄水器には、
コストパフォーマンスやメンテナンスなどに
おいて、それぞれに異なるメリット・デメリットが
存在します。

そのため、これら双方は甲乙が非常に
つけづらく、どちらを選ぶか迷ってしまう方が
多いこともうなずけます。

しかしながら、その際には選択肢は必ずしも
2つだけではないということを
意識する必要もあります。

水道直結型ウォーターサーバーという選択肢もあり

ボトル型ウォーターサーバーと浄水器の
どちらにするか決めかねているという方に
特におすすめしたいのが
水道直結型ウォーターサーバーです。

水道直結型ウォーターサーバー「Cool Qoo」

この水道直結型ウォーターサーバーは、
その名のとおり家庭内にある水道に接続
させて使用するサーバー
であり、供給される
水はサーバーに内蔵された高度なろ過機器に
よって処理された安全性の高い水となります。

そのため、水道直結型ウォーターサーバーは、
ボトル型ウォーターサーバーのように重たいボトルを
交換する必要がない
だけでなく、浄水器よりも優れた
機器によってろ過された水を飲むこともでき、
その性能はボトル型ウォーターサーバーと浄水器の双方を
上回るといえます。

水道直結型ウォーターサーバーなら「Cool Qoo」がおすすめ

水道直結型ウォーターサーバーの中でも特に
おすすめしたいのが「Cool Qoo」です。

こちらの「Cool Qoo」は
水道直結型ウォーターサーバーの基本的な機能を
搭載しているだけでなく、内部の自動クリーン機能などの
独自の設備も整っており、ボトル型ウォーターサーバーや
浄水器の代わりとしての使用にも最適です。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用月額費用電気代メンテナンス代
4,200円(税別)~4,200円(税別)~月800円ほど年1回(無料)
解約金
ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用月額費用電気代メンテナンス代
無料4,200円(税別)月1,000円ほど無料
解約金
3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用月額費用電気代メンテナンス代
無料4,250円(税別)月1,000円ほど無料
解約金
3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。