浄水器とボトル型ウォーターサーバーを比較してみました

飲み水の確保という点で
ウォーターサーバーは浄水器とは
異なった特徴
があり、浄水器の代わり
としてウォーターサーバーを使用する
という選択肢もあります。

ウォーターサーバーと浄水器

一般的にウォーターサーバーというと、
上部に水が入ったボトルを取り付ける
ボトル型ウォーターサーバーを
イメージする方が多いことから、
ここではこのボトル型ウォーターサーバーと
浄水器
について解説します。

INDEX

浄水器のろ過機能には限界がある

現在では蛇口直結型だけでなく
ビルトイン型や据え置き型など
さまざまなタイプが販売されている
浄水器は、使用用途に合わせたろ材が
使用されることも多く、その性能は
向上しています。

しかしながら、浄水器はどのような
タイプのものでも不純物を完全に除去する
ことはできず、その機能には限界があると
いわざるを得ません。

ボトル型ウォーターサーバーのメリット

一方でボトル型ウォーターサーバーの場合、
使用する水は天然水やミネラルウォーターで
あるため、そもそも不純物は極めて少なく、

浄水器のようにろ過機能の精度に関して
不安を感じる必要はありません。

また、ボトル型ウォーターサーバーの水は
天然水やミネラルウォーターであるにも
かかわらず、価格は500mlあたり50円程度の
もの
もあるため、コストパフォーマンス
という点においても大きなメリットが
あるといえます。

ボトル型ウォーターサーバーと浄水器の違い

浄水器の場合は、水道水を使用するため
水そのものの値段はボトル型ウォーターサーバーよりも
安いという点で大きなメリットがあります。

その一方でボトル型ウォーターサーバーは
メンテナンスの手間が比較的少ない
という点や、
水の安全性が高いという点で浄水器よりも
勝っているといえます。

このようにボトル型ウォーターサーバーと
浄水器を比較してみると、その甲乙は
つけづらいことが分かり、使用環境によって
適しているものは異なるといえるでしょう。